日々の暮らしを楽しくする商品レビューサイト

ロントピ

万年筆

【レビュー】パーカーの極細万年筆「ソネット オリジナル ラックブラックCT(XF)旧モデル」を購入しました!

ソネット オリジナル ラックブラックCT

1年ほど前にプラチナ万年筆#3776センチュリーという万年筆のレビューを書きました。購入後もほぼ毎日使っていましたが、思ったような書き味に育たず…結局手放してしまいました。今回の失敗で学んだことは、店頭に置いてあるサンプルの万年筆の書き味がどれだけ気に入って、同じタイプの万年筆を買っても同じ書き味には育たないという事です。

もちろん筆圧や書き方が違えば同じにならないことは分かっていますが…あんな雰囲気の書き味になるんだと期待してしまったんですよね。

という事で今回は時間をかけて試し書きをして、このままの書き味でも大丈夫だと納得できる万年筆を選びました。それがパーカーの極細万年筆「ソネット オリジナル ラックブラックCT(XF)旧モデル」です!

スポンサーリンク

パーカー ソネット オリジナル ラックブラックCT(XF)

ソネット オリジナル ラックブラックCT

こちらの万年筆は愛知県岡崎市にある文具店「ペンズアレイタケウチ」さんで購入しました。毎日手帳に書き込むための万年筆でインクフローがよく滑らかに書けるものが欲しいと話してから、おすすめの万年筆を何本も試して最終的に選んだのが英国王室御用達ブランド「PARKER(パーカー)」の『ソネット オリジナル ラックブラックCT(XF)旧モデル』になります。

パーカー ソネット レビュー

ブラックとシルバーのシンプルな「ザ・万年筆」といったデザインに仕上がっています。ちなみにこちらは現行モデルではなく旧型になり、価格も少しだけ安くデザインにも違いがありました。

可愛い万年筆にも興味がありますが…今回はとにかく書き味がよく持ちやすい万年筆を選びました。スリムな万年筆ですがある程度の重みもあり高級感あります。

パーカー ソネット 万年筆

パーカーといえば「矢羽クリップ」が特徴です。パッと見て高級な筆記具を使っていると分かるのも所有欲を満たしてくれるポイントです。(自宅で使うので誰にも見せることはありませんが 笑)

パーカー ソネット 万年筆

ペン先のデザインはこんな感じです。

パーカー ソネット 万年筆

いわゆる金ペンになりしっかりと18Kと書かれています。細かなラインがクロスしていてカッコいい。

パーカー 万年筆 ペン先 デザイン

この万年筆はコンバーターが付属しているのでインクを吸い上げればすぐに使い始める事ができます。

パーカー ソネット 万年筆

またカードリッジも別売りされているので、こちらを使う事もできます。

パーカー ソネット 万年筆

まずはブルーブラックのカードリッジを使うことにしました。

パーカー ソネット 万年筆

こちらが実際にパーカーのソネットを使って書いてみた文字です。使用したのは「ジブン手帳DAYs mini」です。ソネットはXF(極細字)を選んだので、細かい文字も書きやすくいい感じでした。もちろんインクフローもバッチリで書き味は滑らかそのもの。この書き心地であればストレスなく毎日手帳に書き込む事ができそうです。

数百円〜数千円の万年筆はあれこれ試してきましたが…今回のソネットは定価25,000円(税抜)の万年筆です。大切に長く愛用しようと思います。それじゃ!また!

こちらの記事もどうぞ!

この記事が面白かったら
いいね ! を是非!

Twitter で

-万年筆

Copyright© ロントピ , 2021 All Rights Reserved.